介護の世界でも活躍できるシステムエンジニア

システムエンジニアというと、看護の現場で必要とされるとは思っていない人も多いはずです。しかし、これは一般レベルの話であって、高度に進化を進めた白井一成が目指すような介護の現場では、システムエンジニアがかかることができません。中途採用を含めて、多くの募集をしているのは、それだけ必要な技術が詰まっているからといえるでしょう。介護の現場でなぜ必要なのかということを考える人も多いはずです。そこには、白井一成が目指す理念があるところに注目しなければいけないでしょう。

これまでの介護の現場ということでは、ITの技術はメールぐらいのものでした。すでにスマートフォンなどでも受けとりもできるようになり、そこまで特殊なものではなくなっています。しかし、白井一成が進めてきたものは、一線を画す技術です。介護の業務全体を効率化していくために考えられているものであり、社内のシステムを維持するために必要な仕事になるといえるでしょう。当然のことですが、保守も必要になりますし、開発も続けていかなければいけません。多岐にわたる仕事を一手に引き受けることになるのが、システムエンジニアということになるでしょう。

多岐にわたる仕事を統括することになるため、プロジェクトマネジメントの経験があれば、なお可ということになっています。白井一成が提唱した理念である業務の効率化を進めるということは、さまざまな面を統括していかなければいけません。AIを開発すればいいといったことではなく、統括して有機的に動かしてこそ効果が出るからです。その点で、プログラマやシステム開発の経験が2年以上とはなっていますが、スタンドアロンな業務よりも統合して活動できた方が有利であるといえるでしょう。情報系の資格を有している場合には、それぞれに優遇される措置があるということからも、どれだけ活躍の場があるのかということも見えてくるはずです。

ITの業界では、あまり資格ということが重要視されない風潮があります。しかし、介護という現場においては、資格を有しているということが、最低限の能力の担保として有効とされていることがわかるでしょう。できるからという主観的なことだけではなく、客観的な評価を受けることができるのであれば、白井一成の理念を現実のものにするために活躍してみるのもいいでしょう。これまでに得ることができなかったやりがいということも、見つけていくことができるようになるからです。