食を支えていく調理師

食ということは、人間が生活していくうえで重要な意味を持っている部分です。白井一成は、社会福祉法人善光会において、毎日の食を豊かにすることを考えました。健全な心と体を作っていくためには、毎日の食事の楽しみということがあげられます。この食ということを支えているのが調理師です。白井一成が創設した社会福祉法人善光会では、中途採用という形で募集されているところが特徴といえるでしょう。

業務内容は、福祉施設内での給食の提供です。つまり、サービスを受ける方々に、おいしい食事を提供することを担っているということになります。そのため、勤務地は限定されますので、注意が必要となってくるでしょう。食事の提供ということになりますので、勤務時間も他の仕事とは異なります。食事に合わせた勤務時間となってくるため、自分の生活にあっている蚊もチェックしておくことが必要です。

白井一成は、お客様である利用者の方々が、安心して美味しい食事を楽しんでもらえることを掲げています。人間らしい生活をしていくことを考えた場合、食がキーになってくることは間違いありません。多彩な食事を用意して対応しているのも、重要視していることの表れであるといえるでしょう。

実際に日本人には欠かせない米は、施設ごとに精米しています。それを毎日利用しているのも、それだけ美味しい食事を作るためです。専属の管理栄養士もついていますが、調理師の工夫によって、利用者に合わせた食事の提供ということを進めていくことが仕事になってくるといえるでしょう。特に固形物を食べることができないような方もいらっしゃいます。そういった方でも、嚥下しやすい食事にすることが大きな仕事になってくるといえるでしょう。

おやつなども仕事のひとつになっています。白井一成が目指す食という意味でも通常は食べることが難しいようなメニューも工夫次第で食べられるように考えているからです。月に一度は、日本の旬に合わせた食事ということも、調理師に課せられた重要な仕事といえるでしょう。人間の尊厳ということにもかかわるのが食という部分です。白井一成も重要視している部分であり、人間らしい生活を送っていくためには、欠かすことができません。その仕事を受け持っていくことになるのですから、重要度の高い仕事であることは間違いありません。応募資格としては、調理師免許が必須ではありますが、力を発揮することができる職場となるでしょう。

管理人が選ぶサイト◇◇◇企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか | 白井一成 |本 | 通販 | Amazon