人間らしい日常生活を送れるようにする理学療法士と作業療法士

白井一成という人物を知ると、さまざまな興味がわいてくるかもしれません。社会福祉法人善光会の創設者でもありますが、介護の世界に革新的な風を入れてきている人物だからです。その社会福祉法人善光会では、さまざまな人員を募集していますが、理学療法士や作業療法士もそのひとつになっています。重要な仕事ではありますが、介護老人保健施設において、利用者に対してリハビリテーション業務というサービスを提供することが仕事になります。そのため、募集条件として、理学療法士か作業療法士の資格が取得できていなければいけません。ただし、介護老人保健施設での作業経験がなかったとしても、社会福祉法人善光会で指導を受けることができます。これも白井一成が理念としている部分であり、さまざまな教育を受けられる仕組みが構築されているため、心配することはありません。

理学療法士としての仕事は、白井一成が創設した社会福祉法人善光会でも同じです。病気やけがで低下してしまった機能の維持や改善を目的として、さまざまな物理手段を用いて治療していくのが仕事になります。定義もしっかりしている仕事であることは間違いありません。運動機能の回復ということが重要ですが、日常生活活動の改善ということがポイントになってくるでしょう。白井一成が掲げている人間らしい生活を意識していくために、丁寧な仕事が求められる業務であるともいえます。

似たような側面も持っていますが、作業療法士は、入浴や食事といった日常生活が送れるように、作業活動を通じてリハビリをしていくことが仕事となります。基本となる行動ができるようになれば、寝たきりになったりすることもありません。幅広いリハビリテーションを受け持つことになることから、白井一成が創設した社会福祉法人善光会でも重要な意味を持ってきます。

どちらも、サービスとして重要な意味を持っている仕事です。資格がなければできない仕事でもありますが、専門家として力を発揮することになるでしょう。それも、人間らしい生活を送っていくために必要なことです。機能を失ってしまえば、尊厳といった部分でも失いかねません。だからこそ、理学療法士も作業療法士も重責を担っていることは間違いないといっていいでしょう。社会福祉法人善光会の中でも欠かすことができない必要な仕事ではありますが、日中だけの対応で済むことになりますので、夜勤などは必要のない仕事であるといえます。